日暮途遠(Linux)

Just another WordPress.com site

Wineのレジストリエディタでこのレジストリファイルを取り込む

leave a comment »

ubuntu10.04のWineでOffice 2007を使えるようになるまで – kitayuta.inspectからの引用です。

Wineフォント設定を変更

MS系のフォントをTakao系のフォントに置き換えます。

まず、任意の場所に以下の内容のfont-replace-takao.reg(ファイル名は任意)を保存します。CP932 または Shift_JISで保存してください。

REGEDIT4

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Wine\Fonts\Replacements]
"MS Gothic"="Takaoゴシック"
"MS Mincho"="Takao明朝"
"MS PGothic"="Takao Pゴシック"
"MS PMincho"="Takao P明朝"
"MS UI Gothic"="TakaoExゴシック"
"MS ゴシック"="Takaoゴシック"
"MS 明朝"="Takao明朝"
"MS Pゴシック"="Takao Pゴシック"
"MS P明朝"="Takao P明朝"

もちろん、他のフォントに書き換えても問題ありません。

次に、Wineレジストリエディタでこのレジストリファイルを取り込みます。

wine regedit

レジストリエディタを起動し、レジストリ->レジストリインポートからこのレジストリファイルを取り込みます。

引用させてもらいました。こんな簡単で便利な方法があるとはしらなかったです。以前は.wineディレクトリの階層にある設定ファイルを直接編集していました。

広告

Written by 廣野秀樹

2012年5月21日 @ 3:44 PM

カテゴリー: Ubuntu

Tagged with

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。